還暦祝いにフラワーギフト

生花の欠点

生花の欠点 近年、手軽に花を楽しみたい人を中心に人気が高まっているのが、プリザーブドフラワーです。
生花を脱水、着色して乾燥させることで作られたプリザーブドフラワーは、加工をしたことを感じさせない美しさと質感がある点が大きな魅力ですが、手間いらずであるのも大きな利点となっています。
生花は生きた植物の美しさが楽しめる反面、しっかりとお世話をしなければ枯れてしまう点が最大の欠点ですが、プリザーブドフラワーであれば毎日の水やりの必要がなく、保存場所にさえ配慮すれば長期間美しさを維持することが可能です。
また、室内に花を展示するにあたっては、花粉症をはじめとしたアレルギーがネックとなるケースもありますが、そういった心配が無い点も魅力のポイントです。
生花と比較して全体的に価格は高めではありますが、その分手間いらずで長持ちする為、長期的なコストパフォーマンスも良好となっています。
お世話や花粉症の欠点が原因で花を飾ることを諦めている場合は、プリザーブドフラワーがおすすめです。

プリザーブドフラワーのメリット

プリザーブドフラワーのメリット プリザーブドフラワーという名前を聞いた方も多いですが、そんなプリザーブドフラワーにはメリットが沢山あります。
特に一番のメリットと言われているのが長期間枯れないという事です。
普通のお花はどんなにお手入れをしてあげたとしても、寿命がくると葉っぱが落ちてしまったりして枯れてしまいます。
また枯れなくてもお花の色が色あせてしまうということも良くあります。
それに対してプリザーブドフラワーは水分がほとんどない乾燥した状態ですので枯れること無く綺麗なままでいられます。
その他には香りなども付けて楽しむことが出来たり、プレゼントとして使えるのもメリットです。
普通のお花には、何もしなくてもお花の香りがするため、香料などを付けると言った使い方はしませんが、プリザーブドフラワーは好きな香料を付けて楽しめます。
長期間枯れないので結婚式の時のギフトにも最適です。
更に生きているお花は花粉を飛ばすものもあり、花粉アレルギーがある方は部屋におけませんが、商品によっては花粉が基本的に飛ばない(もしくは無い)ので花粉アレルギーがある方にも送れます。