還暦祝いにフラワーギフト

母親の還暦祝いのプレゼントを選ぶポイント

母親の還暦祝いのプレゼントを選ぶポイント 還暦祝いは満60歳の長寿のお祝いとして行われています。
ですが、現代では平均寿命も延びており、仕事を第一線で行っている方も多いです。
そのため長寿としてのお祝いとしてでなく、日ごろの感謝の気持ちを込めて行うのが主流となってきています。
還暦のお祝いとして、赤いちゃんちゃんこなど赤いものを贈る風習があります。
これは60歳という年齢が暦を一巡したのと同じで再び赤ちゃんに戻るから、という意味と、魔除けの意味からきています。
ですが、現代では赤い帽子や赤いちゃんちゃんこを贈る方は少なくなり、受け取る側も遠慮することがあります。
そのためプレゼントを選ぶ際、気を配る点としては相手の好きな物にちょっと赤い色のものを添える、というのがポイントです。
花束を贈ることもありますが、生の花は時期によってはすぐに枯れてしまい、手入れも大変です。
そういった場合はプリザーブドフラワーを選ぶと良いでしょう。
プリザーブドフラワーは水やりの心配がなく、十数年にわたって質感や色合い保つことができます。
アクセントに赤いバラをアレンジした中に入れてもらうとさらに良いでしょう。

ファッション的かつ実用的なものが喜ばれる

ファッション的かつ実用的なものが喜ばれる 女性のこだわりや購入する物などわりと実用を重視する傾向があります。
それと同時にファッション的に見えた方がおしゃれで素敵に見えます。
その二つの特性を持つようなプリザーブドフラワーはその傾向にあてはまります。
そのアレンジメントされた花と造花のいいとこ取りのような特性を持つために使いどころがよく、宝石のようにアレンジされたものやネックレスなどと一緒にアレンジされるとなおさら演出された花に見とれます。
それらの組み合わせ方で光る花たちはより魅力的に映ります。
これらのプリザーブドフラワーだとなおさらファッション的な魅力は高く、元が実用的な特性のためにさまざまなお祝い事や贈り物にすることにより喜ばれます。
それらの花が室内や入口に置いてあるだけで彩を与えるようなインテリアになり、ほぼ何もしなくても長持ちし続けるために気が楽な面があります。
また結婚式で利用すると素敵にアレンジされたウェディングブーケが、いつまでもきれいに咲いているということがまたうれしくなります。